Bamboo Summer Nights 2021 x みんなの想火 | 点灯式イベントのご案内

梅雨も明け、雨の心配もなく夏の夜を楽しめるようになりました。

若竹の杜 若山農場では、夜も非日常空間をご用意して皆様をお待ちしております。

この夏限定で開催している Bamboo Summer Nights 2021 の竹林ライトアップでは、夜景評論家の丸々もとお氏監修により制作された、夏祭りの躍動感を感じる演出と、静かな夜景演出をお楽しみ頂けます。


そして、そのライトアップを更に際立たせる「竹あかり」が7月22日の夜に点灯されます。

竹あかりのアーティスト集団「ちかけん」は、熊本に拠点を置き世界中で活動を続けています。その彼らが自らデザインした作品を、若山農場のスタッフのみならず、「自分の手で竹に灯りをともしてみたい」とお集りをいただいた、ワークショップ参加者35名の方達がドリルを使って完成させました。


それら農場内の作品をお楽しみいただくと同時に、全国47都道府県&世界5カ国で同日に点灯される竹あかりを、中継を通して是非ご覧ください。



◆イベント: Bamboo Summer Nights 2021 点灯式典

◆日時: 2021年7月22日(木・祝) 19時(式典開始時刻)~ 閉園21時

 ※ワークショップご参加のお客様、テーブルご予約のお客様につきましては、18時より受付を開始いたします。18時15分までには集合をお願いいたします。

◆内容: セレモニー、Jazzライブ(出演: Skewed)、点灯中継




~ skewed (スクード) ~


日本の音楽シーンで長年活躍しているミュージシャン同士の即興音楽会話。

二人が紡ぎ出す懐かしくも斬新で、安らぎと悲哀と美しさが交差する大人のサウンド。

様々な映像が想起され、次々にストーリーが生まれてくる。

空間的な雰囲気でマジカルな演奏をお楽しみください。


tatsu (bass)

田中邦和(sax.windwoods)



■ tatsu (bass)

’87年にレピッシュのべーシストしてデビュー。日本のスカパンク創世記を担う。その後、数々のセッション、プロデュースをを行いつつ。大友良英、中村達也、百々和宏 らとJoy Heightsとして活動。その他にも Ganga Zumba、miimo、Jet Set Boys、等のバンドにも参加。現在はBaseBallBearのベーシスト、関根史織がチャップマンプティック操るバンド、sticoのメンバーとしても活躍。SKA、即興、音響、ラテン、ポストパンク、ロック、ポップス。様々なジャンルの音楽を演奏。


■ 田中邦和(sax.windwoods)

大学在学中にジャズ研究会に所属、以後サックスを独学にて習得する。卒業後5年間の会社員生活を送るが、そののちミュージシャンへと転身。現在に至る。

甘く豊かなサウンドと、ジャズからポップス、クラブミュージックまでの幅広いジャンルで培ったスタイルが持ち味である。現在は沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラのキーボーディスト)とのバンド「sembello」スタンダード・ムード音楽バンド「ブラックベルベッツ」で活動の他、ライブ、コンサート、レコーディングなど精力的におこなっている。



https://twitter.com/skewed77615633

https://linkco.re/8Pm6CUt8

https://skewed-tokyo.bandcamp.com/


最新記事

すべて表示