若竹の杜 若山農場について

 
 

営業時間

平 日 •• 9:00~17:00(最終受付16:30)

土日祝

  春 •• 9:00~20:00(最終受付19:30)[3.4.5月]

  夏 •• 9:00~21:00(最終受付20:30)[6.7.8月]

  秋 •• 9:00~20:00(最終受付19:30)[9.10.11月]

  冬 •• 9:00~19:00(最終受付18:30)[12.1.2月]

※ライトアップの開始時間は、日没時間により異なります

 
竹林(宝木堀).jpg

会社概要

施設名  若竹の杜 若山農場

​運営会社 株式会社ワカヤマファーム(農地所有適格法人)

所在地  〒320-0075 栃木県宇都宮市宝木本町2018

設 立  2017年2月1日
資本金  990万円
代表者  代表取締役 若山太郎
従業員数 10名(他パート5名程度 2021年1月現在

営業品目 農産物・加工品、竹材・竹苗(竹植木)の生産販売

     観光・イベントの開催、撮影・イベント場所の貸出

参加団体 国際竹協会(世界竹会議) / 全国竹産業連合会

     竹文化振興協会 / 竹イノベーション研究会

     栃木県特用林産協会 / 栃木県観光物産協会

     宇都宮コンベンション協会 / 宇都宮観光連絡協議会

​     宇都宮商工会議所 / 農業協同組合

 

事業概要

 

 若山農場は、日光連山を後ろに控える宇都宮市北部にて24ヘクタールほどの圃場を有しています。この地で親子三代に亘り百年余、「農業とは土づくりに在り」の言葉を信条に、自然循環型農法を心がけ筍と栗を中心に作り続けている農場です。

 また、竹の品種改良・苗木生産として日本庭園だけではなく、近代的な都市空間に竹の植栽を進める第一人者として、日本唯一の竹専門ナーサリーでもあります。

 雨後の筍などと言われるように春になると沢山の筍が顔を出します。また、竹の生長は早く、筍からほんの2ヶ月で竹になり、その後10年もするとその個体は枯れてしまいます。よって、放っておくと立ち入れないほど混み合い、枯れた物だらけになってしまいます。

 良質の筍を栽培するためには、竹林の間伐など徹底した管理が必要で、それを毎年続けていくことが大切です。一方今では、竹製品など身の回りに使われなくなって久しいため、誰も竹など伐らなくなり、その結果、手入れのされた美しい竹林などどこにも見られなくなりました。

 こうして代々竹と土に向き合って来たところ、気が付けば他には見られない希少な空間となったため、映画やCMなどのロケ地として使用され、それが話題となり今では、「竹を身近に感じてほしい」そんな思いを込めて一般開放しています。

 ぜひ、一歩竹林の中に入り、降り注ぐ木漏れ日と笹鳴りの音に包まれながら、日常を忘れのんびりとお過ごしください。

take-18_4cres_edited.png
竹林管理

竹林から分け与えられる全ての資源を有効活用することを目標とし、21㌶(約10万本)におよぶ竹林を毎年休むことなく間伐など徹底管理する。持続可能(サスティナブル)な緑地の形成と、それにより発生する毎年2万本程の間伐竹材の有効活用(カーボンニュートラルの徹底)を目指す。

​さらに、徹底管理された竹林としてのロケーションを有効活用していく。

筍の生産・販売.jpg
A. 筍の生産・販売

自然循環型農法(竹チップ還元)による徹底した栽培管理により採れた農産物を東京市場や飲食店などに直接流通および直売にて販売。

​詳しくはこちら

竹苗の開発・生産・販売.JPG
B. 竹苗の生産・販売

実生選別育種による品種改良に取り組み、オリジナル品種矮性孟宗竹「 ヒメアケボノモウソウチク 」を中心に、植木としての竹苗を生産・販売。 都心を中心とした空港、ホテル、商業施設など再開発地域に多くの実績あり。

​詳しくはこちら

竹チップ.jpg
C. 竹材の生産・販売

竹林管理から発生する間伐竹材を牡蠣養殖用筏竹・門松用・割竹・ 造園用小径竹等への生産・販売。および、竹チップの製造・販売。

​詳しくはお問い合わせください。

ロケーション事業.jpg
D. ロケーション事業

映画、CM、ドラマ、PVなどのロケ地利用や、コンサート・食事会・催事などへの場所の貸し出し。

​詳しくはお問い合わせください。

竹林観光.jpg
E. 竹林観光

竹林散策、夜のライトアップと竹灯り、竹器でお抹茶、その他竹工作や各種イベントの開催など。

​詳しくはこちら